桜小・齊藤、500も制し2冠 スピードスケート全日本ノービス

お気に入りに登録

 スピードスケートの全日本ノービス競技会富士吉田大会最終日は23日、山梨県富士吉田市の富士急ハイランドコニファーフォレストセイコオーバルで小学4~6年の男女500メートルを行った。5年男子で齊藤悠斗(桜)が44秒91で優勝し、前日の1000メートルに続き2冠を飾った。6年男子では鎌田悠成(旭南)が2位、松田泰聖(四ツ小屋)は3位に入った。4年男子の石川翔(寺内)は6位だった。4人はいずれも秋田スピードスケートクラブ所属。

秋田の最新ニュース