向川桜子、北京五輪への道:歓喜編(中)執念 0・04秒差、逆転で道開く

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
W杯女子回転第4戦を終え、笑顔を見せる向川選手=昨年12月29日、オーストリア・リエンツ(本人提供)
W杯女子回転第4戦を終え、笑顔を見せる向川選手=昨年12月29日、オーストリア・リエンツ(本人提供)

 ワールドカップ(W杯)女子回転第4戦(昨年12月29日、オーストリア・リエンツ)。1本目の前半は緩斜面だった。自身の今季W杯初戦、2戦目となったフィンランド・レビ大会でも苦戦しており、いかにスピードに乗れるかが鍵だった。

 「レビのコースほど緩やかではなく、スピードに乗りやすかった。ただ、スタート直後に体が(後ろに)引けて遅れ遅れのライン取りになってしまった。『やばい』と思っていた」。序盤は44位と出遅れた。

同じジャンルのニュース