小学生将棋名人戦県大会、佐々木君(三輪5年)が初優勝

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐々木遥斗君
佐々木遥斗君

 第47回小学生将棋名人戦秋田県大会(日本将棋連盟県支部連合会主催)が23日、秋田市中通の秋田将棋道場で開かれ、4市町の5人が出場した。決勝戦で佐々木遥斗(はると)君(三輪5年)が笹村颯(かける)君(旭小4年)を124手で破り、初優勝した。佐々木君は県代表として、東日本大会(3月27日・東京)に出場する予定。

秋田の最新ニュース