ノーザンブレッツ、除雪でも一丸 通学路1・5キロすっきり

会員向け記事
お気に入りに登録

 社会人ラグビートップイーストリーグの秋田ノーザンブレッツは23日、秋田市の外旭川小学校の通学路で除雪のボランティアを行い、選手やスタッフ計28人が地域住民と協力して雪を寄せた。

通学路の安全確保のため秋田ノーザンブレッツの選手らが除雪に汗を流した


 通学路は連日の雪で歩きにくい状態となっていた。この日は特に幅が狭く、除雪機械が入れない歩道の雪を約1・5キロにわたって寄せた。作業は選手を含め約300人で行った。

同じジャンルのニュース