立崎芙由子「一番状態いい」と抱負 バイアスロン北京五輪代表

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインでの記者会見で、北京冬季五輪への抱負を語ったバイアスロン女子の立崎芙由子=24日
オンラインでの記者会見で、北京冬季五輪への抱負を語ったバイアスロン女子の立崎芙由子=24日

 2月4日に開幕する北京冬季五輪のバイアスロン代表に決まった男女6人が24日、オンラインで記者会見し、4大会連続出場となる女子の立崎芙由子(自衛隊、米内沢高出)は「これまでの五輪で一番状態がいい。ゴールした時にやりきったと思えるレースをしたい」と抱負を語った。

 選手は遠征先のイタリアからオンライン会見に出席した。立崎は今シーズンの調子について、走りが速くなり、射撃は命中率が上がっていて、精神的にも落ち着いていると自己分析。「周りの選手も頑張っているので(ワールドカップの)結果には結び付いていないが、内容はいい。自分のレベルが上がっていると思う」と手応えを口にした。

同じジャンルのニュース