「公正に職務遂行を」 関市長、官製談合事件受け異例の訓示

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前市長と元建設部長の逮捕を受け、訓示する関市長(右)
前市長と元建設部長の逮捕を受け、訓示する関市長(右)

 秋田県鹿角市発注工事の入札を巡り官製談合防止法違反などの疑いで前市長が逮捕された事件を受け、関厚市長は24日、幹部職員に対し、公平公正に業務を遂行することを求める異例の訓示をした。

 午前8時半に市役所会議室に副主幹以上の職員約100人が集合。関市長は「前市長と元建設部長が逮捕されたことは遺憾。重く受け止めている」と述べ、「住民全体の奉仕者として公正に職務を遂行することを望む。信頼回復に全力で取り組もう」と訴えた。

秋田の最新ニュース