雪の重みで元製材工場の一部倒壊、北秋田

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 25日午後10時10分ごろ、秋田県北秋田市綴子字古関の元製材工場の一部が約370平方メートルにわたり倒壊した。雪の重みの影響とみられる。倒壊の影響で、隣の住宅と物置小屋の窓計2枚が割れた。けが人はいなかった。

 北秋田署によると、隣の家に住む女性が「ドーン」という物音を聞き、外に出ると建物の一部が屋根から崩れていた。残った部分の屋根には約1メートルの積雪があった。

秋田の最新ニュース