ハピネッツ、東地区6位で折り返し 上位進出へ安定感課題

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツは22、23日の横浜BC戦で前半30試合を終了した。19勝11敗、東地区6位で後半戦に向かう。序盤はけが人の影響で苦戦が続いたものの、主力が復帰した第8節以降は14勝4敗。ここまでの戦いを振り返る。

 前半戦のハイライトはA東京との第10節。4連勝中と勢いに乗っていた秋田は、ロシター、サイズの両フォワードらリーグ屈指の選手をそろえるA東京を2日連続で撃破。B1ではチーム新記録となる6連勝をマークした。2試合ともA東京を60点台に抑え込んだ守備が光り、要所で外角からシュートを沈めた。3季目となる前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)体制でのチームの成長を象徴する試合だった。

 昨季78・07でリーグ(20チーム)5番目に少なかった1試合平均失点は、今季も75・30でリーグ(22チーム)4番目に少ない。ジョゼップ・クラロス前HCが根付かせた激しい守備は秋田の代名詞。1試合平均9・2スチール(リーグ2位)もそのスタイルを表す。

同じジャンルのニュース