運転士が鍵を一時紛失 JR田沢湖線、普通列車に遅れ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 26日午前6時25分ごろ、JR田沢湖駅(秋田県仙北市)で運転士が田沢湖線の大曲行き下り普通列車を出発させる際、操縦に必要な鍵を一時紛失したため6時39分発予定の列車に13分の遅れが出た。

 JR秋田支社によると、一時紛失したのは運転台に差して使用する鍵。運転士は金具で他の鍵と束ねて管理していたが、ドアを開けた際に金具から外れて落下したとみられる。捜したところ、線路上の雪の中に落ちているのを発見した。

 発車時には約50人の乗客がいた。秋田支社は「再発防止に努める」としている。

秋田の最新ニュース