ヤンセン氏が死去 Jリーグ広島など指揮

お気に入りに登録

 サッカーのオランダ代表で活躍し、Jリーグ広島などの監督を歴任したビム・ヤンセン氏が25日、死去した。75歳だった。AP通信などが報じた。認知症を患っていた。

 ヤンセン氏は現役時代に同国代表として1974年と78年のワールドカップ(W杯)で準優勝。95年から2年間、広島で指揮を執り、天皇杯全日本選手権で準優勝に導いた。J1浦和でコーチも務めた。(共同)