ソフトB石川、ツーシーム習得へ 30歳迎え呼吸法も意識

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自主トレを公開し、ウオーミングアップするソフトバンク・石川=福岡県筑後市
自主トレを公開し、ウオーミングアップするソフトバンク・石川=福岡県筑後市

 ソフトバンクの石川柊太投手が26日、福岡県筑後市のファーム施設で練習を公開し、ランニングなどで軽めの調整をした。開幕投手を務めながら6勝(9敗)に終わった昨季の反省から、今季は新たにツーシームの習得に励んでおり「去年とは同じじゃないところを目指しての要素。実戦で試せるのがキャンプ」と先を見据えた。

 昨年12月に30歳を迎え「年を取ってくるとやることが増える」と、今まで以上に呼吸法を意識して準備運動をしているという。40歳で現役を続ける同僚の和田にも助言を仰いだといい「早めに自分を整えることが大事」と狙いを口にした。