抗原検査キット、県内でも品薄 オミクロン株急拡大

会員向け記事
お気に入りに登録

新型コロナウイルスの抗原検査キット

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べる抗原検査キットが秋田県内の薬局やドラッグストアで入手しづらくなっている。新変異株「オミクロン株」の感染急拡大に伴い、薬局などで買い求める客が急増しているためだ。品薄による検査の遅れは、医療体制維持や社会経済活動に影響を与える可能性があるが、在庫が底を突き、次の入荷の見通しが立っていない店もある。

 秋田市保戸野通町の佐野薬局通町本店では、県内で感染者数が急増した今月以降、抗原検査キット購入を求める客が増加。在庫がなくなり、欠品となる日もあった。登録販売者の資格を持つ齋藤眞美さんは「『キットがほしい』と1日当たり電話で10件ほど問い合わせがあるが、対応が難しい」と説明する。

秋田の最新ニュース