ジェラ、最大出力35万6千kW計画 八峰・能代沖の洋上風力

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 東京電力ホールディングスと中部電力が出資する発電会社JERA(ジェラ、東京)は27日、国が洋上風力発電の整備促進区域に指定している秋田県の「八峰町・能代市沖」で、最大出力35万6千キロワットの洋上発電事業を計画していることを明らかにした。28日から、環境影響評価(アセスメント)の第1段階に当たる配慮書を公表する。

 ジェラによると、事業の想定区域は約3230ヘクタール。出力1万2千~1万5千キロワットの風車を最大30本設置する。風車は、基礎部分を海底に固定する「着床式」とする。工事の日程は未定。

同じジャンルのニュース