青山、柴原組が準決勝敗退 国枝は優勝、全豪テニス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス準決勝 プレーする青山(上)、柴原組=メルボルン(共同)
女子ダブルス準決勝 プレーする青山(上)、柴原組=メルボルン(共同)

 テニスの全豪オープン第11日は27日、メルボルンで行われ、女子ダブルス準決勝で第2シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がアンナ・ダニリナ(カザフスタン)ベアトリス・アダドマイア(ブラジル)組に4―6、7―5、4―6で敗れ、四大大会初優勝はならなかった。

 車いすの部の男子シングルス決勝では国枝慎吾(ユニクロ)がアルフィー・ヒューエット(英国)に7―5、3―6、6―2で勝ち、2年ぶり11度目の制覇を果たした。(共同)