29日も大雪に注意 県内、冬型気圧配置続く【動画】

お気に入りに登録

 秋田県内は28日、冬型の気圧配置の影響で断続的に雪が降り、ふぶく地域もあった。29日も冬型の気圧配置が続くため、秋田地方気象台は大雪による交通障害や電線への着雪による停電などに注意を呼び掛けている。

雪が降る中、フードをかぶって信号待ちする人たち=28日正午ごろ、秋田市山王


 地方気象台によると、28日午後4時までの24時間降雪量は、秋田市大正寺20センチ、横手市と湯沢市で16センチ、秋田市15センチなど。

 秋田市中心部では時折、視界が白くかすむほどふぶく時間帯もあり、傘を差したりフードをかぶったりして歩く人の姿も見られた。

雪が降り続く中、フードを被って歩く人の姿が見られた=秋田市山王、28日午前11時20分ごろ


 JR秋田支社によると、青森県内の大雪の影響で、特急つがる上下4本と、下り普通列車1本が運休したほか、普通列車上り1本が大館―鷹ノ巣間で区間運休した。

 日本航空によると、秋田空港の雪の影響で、札幌―秋田間の2便が欠航した。

最新の運行状況はこちらをご覧ください

秋田の最新ニュース