米台ナンバー2が接触 ホンジュラス大統領就任式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
27日、ホンジュラス大統領の就任式で会話するハリス米副大統領(左)と台湾の頼清徳副総統(中央通信社=共同)
27日、ホンジュラス大統領の就任式で会話するハリス米副大統領(左)と台湾の頼清徳副総統(中央通信社=共同)

 【サンパウロ共同】ハリス米副大統領は27日、訪問先の中米ホンジュラスで台湾の頼清徳副総統と接触し、短時間会話したと記者団に明らかにした。ホンジュラスでは左派シオマラ・カストロ氏が同日、初の女性大統領に就任、首都テグシガルパで式典が開かれ、ハリス、頼両氏が出席した。中国が強く反発するとみられる。

 カストロ大統領は選挙戦中に外交関係のある台湾と断交し中国との国交を樹立する方針に言及したことがある。ハリス氏は27日、頼氏は26日にそれぞれカストロ氏と個別会談し関係強化を図った。

 ハリス氏によると、中米地域での米国と台湾の「共通利益」について意見交換したという。