日本はタイと準々決勝へ 女子アジア杯、勝てばW杯

お気に入りに登録

 サッカーの2023年女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねたアジア・カップは27日、インドのプネなどで1次リーグ最終戦が行われ、準々決勝に進出する8チームが出そろった。C組1位の日本はB組3位のタイと30日にナビムンバイで対戦し、勝てば9大会連続のW杯出場が決まる。タイはなでしこリーグのC大阪堺などを指導した岡本三代監督が率いる。

 ほかのカードは中国―ベトナム、オーストラリア―韓国、台湾―フィリピン。今大会でW杯開催国のオーストラリアを除く上位5チームがW杯出場権を獲得する。準々決勝で敗れたチームは順位決定戦に回る。(共同)