ウルグアイが4位に浮上 W杯南米予選、パラグアイ破り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パラグアイ戦でシュートを決めるウルグアイのスアレス=27日、アスンシオン(AP=共同)
パラグアイ戦でシュートを決めるウルグアイのスアレス=27日、アスンシオン(AP=共同)

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会南米予選は27日、各地で行われ、ウルグアイがスアレスの得点でパラグアイを1―0で退けて5勝4分け6敗の勝ち点19とし、暫定4位に浮上した。首位ブラジルはエクアドルと1―1で引き分け、2位アルゼンチンはチリを2―1で下した。

 同予選は10チームがホームアンドアウェーで対戦。4位までが本大会に進み、5位はアジアとの大陸間プレーオフに回る。ブラジルとアルゼンチンは既にW杯の出場権を獲得している。(共同)