監護者性交、男に懲役18年 15歳養女に59回、津地裁

お気に入りに登録

 2020年12月から21年5月までの間、自宅で15歳の養女に性交などを59回繰り返し、その様子を撮影したとして、監護者性交と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた男に、津地裁は28日、懲役18年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。

 柴田誠裁判長は判決理由で「同種事案の中で件数が比類ないほどに多く、常習性が顕著。通常の量刑の枠に収まりきらない際だった悪質性がある」と指弾した。

 養女が男に経済的に依存せざるを得ない環境を利用し、要求に応じなければスマートフォンの使用を禁止すると告げて心理的に支配したと指摘した。