DeNA牧らがコロナ陽性 ヤクルト池山2軍監督らも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
DeNAの牧秀悟内野手
DeNAの牧秀悟内野手

 DeNAは28日、牧秀悟内野手、大和内野手、京山将弥投手、浅田将汰投手、松本隆之介投手とスタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。牧は喉の痛みと鼻水の症状があるという。

 ヤクルトは池山隆寛2軍監督、福川将和2軍バッテリーコーチ、元山飛優内野手らが陽性となったと発表した。日本ハムでは吉田輝星投手、渡辺諒内野手、浅間大基外野手らが感染。巨人の井納翔一投手も陽性判定を受けた。

 オリックスは中川圭太内野手、海田智行投手らが陽性判定。中日では三ツ俣大樹内野手と片岡篤史2軍監督が陽性となり、阪神では藤井彰人バッテリーコーチの感染が確認された。