フランス産ワイン、7年ぶり首位 21年輸入量、チリ抜く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
関西空港に到着したフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」=昨年10月
関西空港に到着したフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」=昨年10月

 2021年のワインの輸入量で、前年2位だったフランス産が7年ぶりに首位に返り咲いた。手頃な価格が人気で6年連続首位だったチリ産を抜いた。財務省が28日発表した品目別貿易統計(通関ベース)で分かった。

 チリ産は、新型コロナウイルス流行に伴う海上輸送の混乱などが原因で2位に下げた。3位はイタリア、4位はスペイン、5位は米国だった。

 全体の輸入量は1億5614万リットル。コロナ流行で飲食店の需要が低迷したことが響き、前年から4・7%落ち込んだ。