若者数百人、沖縄署に投石 高校生事故、SNSで拡散

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ガラスが割られた沖縄県警沖縄署の正面玄関=28日午後
ガラスが割られた沖縄県警沖縄署の正面玄関=28日午後

 27日深夜から28日未明にかけ、沖縄県警沖縄署(沖縄市)の周辺に若者数百人が集まり、投石するなどして署の正面玄関のガラスが割れるといった被害が出た。27日未明に高校の男子生徒(17)のバイクと警察官が接触する事故があり、会員制交流サイト(SNS)で拡散した「高校生が警察に警棒で殴られた」との情報が発端とみられる。県警は器物損壊容疑で経緯を調べている。

 県警によると、騒動は27日午後11時ごろから28日午前4時ごろにかけて起きた。若者が石や棒、瓶や爆竹、生卵を投げ、正面玄関や警察車両のガラスを割った他、電光掲示板などを壊した。