ナガマツ中心の体制で初のチーム戦 北都銀、S/Jリーグへ闘志

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
中心選手としてチームをけん引する永原(右)と松本
中心選手としてチームをけん引する永原(右)と松本

 バドミントンの国内最高峰、S/Jリーグに出場する1部女子の北都銀行は2日、秋田市の富士フイルムBI秋田スポーツスクエアで練習を公開した。5日に開幕を控え、日本代表でダブルスの永原和可那、松本麻佑組、シングルスの川上紗恵奈らが汗を流した。

 S/Jリーグは新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となった。今年は全国を転戦するリスクを避け、トーナメント形式で実施。男女1部の各10チームが出場し、ダブルス2、シングルス1で勝敗を決める。5、6日に熊本県で1回戦と準々決勝を実施。11、12日に準決勝、決勝を東京都で行う。前回3位の北都銀行は準々決勝から登場し、山陰合同銀行(島根)と対戦する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース