北秋田市の森吉山荘、4月から休止へ 譲渡、売却を検討

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
森吉山荘(資料写真)
森吉山荘(資料写真)

 秋田県北秋田市は10日、市が所有し現在は直営している温泉宿泊施設・森吉山荘を4月から休止する方針を明らかにした。2年連続で応募のなかった指定管理者は今後募集せず、民間への譲渡や売却を検討していく。市議会本会議で説明した。

 市は2020年度に指定管理者を募集したが応募がなかった。市が直営した21年度は新型コロナウイルス禍を考慮し、指定期間を5年から2年に短縮した上で再び募集したものの応募がなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース