立崎、7・5キロスプリントは39位 北京五輪バイアスロン

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子7・5キロスプリント 力走する立崎芙由子=張家口
女子7・5キロスプリント 力走する立崎芙由子=張家口

 【北京=本社・藤田向】北京冬季五輪第8日の11日、秋田県北秋田市出身の立崎芙由子(33)=自衛隊、米内沢高出=がバイアスロン女子7・5キロスプリントに出場し39位だった。日本勢4選手の中でトップ。60位までに与えられる13日の10キロ追い抜きの出場権を獲得した。

 立崎は県勢最多となる4大会連続の冬季五輪出場で、7・5キロスプリントでの39位は2014年ソチ大会に並ぶベストタイ。7日の15キロでは、五輪個人種目で自己最高順位となる27位に入った。