男鹿市の新年度予算案160億円 船川港の利活用推進に力

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
2022年度一般会計当初予算案
2022年度一般会計当初予算案

 秋田県男鹿市は17日、総額160億1200万円の2022年度一般会計当初予算案を発表した。市長選を控え骨格編成だった21年度当初に比べ3億1200万円(2・0%)の増。政策的経費などを肉付けした21年度6月補正後と比べても2540万円の増加で、増額編成は3年連続。地場産業の振興、船川港の利活用推進などに重点的に取り組む。

 船川港を核とした地域産業活性化を目指す「船川港港湾ビジョン」の実現に向け1835万円を計上。港湾の利用拡大、風力発電のメンテナンスに関連する資格取得支援などに取り組む。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース