北京見たまま:立崎芙由子、夫の助言で新境地に

会員向け記事
お気に入りに登録

 バイアスロン女子で5種目に出場し、日本をけん引した秋田県北秋田市出身の立崎芙由子(33)=自衛隊、米内沢高出=は、大会前から落ち着いた雰囲気が印象的だった。

 「昨日、今日で何かが変わるわけでない。自分ができることは決まっているから」などと穏やかな表情で語り、本番で過度に緊張することもなかった。レース後の取材では、記者の録音機の置き場に気を配る余裕もあった。

この連載企画の記事一覧