大自然で特別ディナーを! にかほ市でアウトドアダイニング

会員向け記事

ガスこんろやオーブンなどを備えたキッチンバス

 観光バスやタクシーを運行する秋田中央トランスポート(秋田市)は、秋田県を訪れた観光客に大自然の中で食事を楽しんでもらう「アウトドアダイニング」を展開しようと準備を進めている。にかほ市の仁賀保高原を舞台に、日本海に沈む夕日を眺めながら、県産食材を使った特別なディナーを楽しんでもらう。

 秋田トランスポートはキッチンバスとドーム型テントを準備。費用の一部に観光庁の補助金900万円を活用した。

 キッチンバスは、同社がかつて五城目町のコミュニティーバスとして走らせていたボンネットバス(21人乗り)を改造。洋食のフルコースを作れるよう、ガスこんろやオーブン、シンクなどをそろえた。

 テントは直径3・6メートル、高さ2・2メートル。透明なビニール製で、自然との一体感を感じられると同時に、プライベートな空間も確保できる。4人掛けのテーブルと椅子を用意し、食事や景色をゆっくり楽しんでもらえる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース