若者のミカタ:挑戦を応援しよう(1)男鹿の人々、夢に共感してくれた 酒醸造所開業の岡住修兵さん

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「秋田に恩返しがしたい」と語る岡住さん=男鹿市船川港、稲とアガベ醸造所
「秋田に恩返しがしたい」と語る岡住さん=男鹿市船川港、稲とアガベ醸造所

 挑戦を後押しできる地域には、若者も集まる。連載「若者のミカタ」第3部は、夢を追う若者たちはどのように背中を押され、秋田での挑戦を決めたのか、彼らが感じる後押しとは何かを探る。

 ◇  ◇

 「人生がうまくいかず、学生の頃は死のうと思っていた」。そう語る岡住修兵さん(33)=北九州市出身=の人生は、秋田で酒造りと出合い、がらりと変わった。昨年11月、旧JR男鹿駅舎に酒の醸造所「稲とアガベ」を開業。次々と市場に新商品を投入し、注目を集めている。

 「死ななくて良かった。秋田に来て、秋田の人たちのおかげで人生が楽しくなった」

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース