日本語教育充実へ連携 教養大、岩手大や山形大などと協定

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
各会場をオンラインでつないで行われた連携協定締結式=国際教養大学
各会場をオンラインでつないで行われた連携協定締結式=国際教養大学

 外国人に日本語を教える人材を増やそうと、秋田市の国際教養大は28日、岩手、山形の両県の大学や国際交流団体と連携協定を結んだ。技能実習生らが増える中、不足する日本語指導者を育成。外国人への支援体制を充実させる。

 協定を結んだのは、教養大と岩手大、山形大、3県の国際交流協会など計7団体。連携して日本語指導者を育てる講座を開設する。

 講座は2部制で、3大学の教員によるオンライン講座のほか、対面形式での実習も行う。修了者は、事業所や日本語教室などからの要請に応じて日本語教育に当たる。

 県民は受講無料。3月上旬から受講者を募集し、5月に講座を始める。定員は各県10人。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース