大館市の大雪農業被害1193万円 パイプハウスなど倒壊

会員向け記事

 秋田県大館市議会は28日、3月定例会を開会した。提出案件は22年度一般会計当初予算案、21年度一般会計補正予算案など65件。会期は22日まで。

 福原淳嗣市長は行政報告で、今冬の大雪被害の状況を説明。2月24日時点で屋根からの落雪による死亡が1人、除雪作業での負傷が29人、住宅などの損壊が14件。農業ではパイプハウスなどの倒壊が7件起き、被害額は1193万円に上ったとした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース