【秋田犬新聞】樋渡義一制作の中山人形 理想の秋田犬を追求

 秋田県立博物館(秋田市金足)には、横手市の中山人形の3代目制作者・樋渡義一(1987年没)による、秋田犬をモチーフにした作品が収蔵されている。理想の秋田犬の姿を表現した作品からは、義一が中山人形の評価を全国的に高めた理由が垣間見えるという。同博物館副主幹の丸谷仁美さんに、作品や義一について解説してもらった。
(初出:2022年2月23日付秋田魁新報「すいよう学芸館」欄「美を知る」)

    ◇     ◇

 中山人形は明治の初めごろ、平鹿郡吉田村中山(現横手市平鹿町)で、野田宇吉、樋渡ヨシによって誕生した土人形である。昭和になると、ヨシの孫の樋渡義一が、横手人形と称し、秋田を象徴する行事や風俗などを題材とした新作人形を生み出した。今回は義一が1935(昭和10)年ごろまでに制作した、秋田犬をモチーフにした2点に注目し、義一の目指した人形像について見ていきたい。

 秋田犬は31(同6)年に国の天然記念物に指定され、立ち耳、巻き尾で、体の大きいことが特徴とされた。しかしながら、昭和の初めにはそうした秋田犬の姿はほとんど見られなくなっていたという。義一が制作した「秋田犬レリーフ」は、まさに理想的で堂々とした秋田犬の体躯(たいく)が表現されている。

 一方、義一作の「忠犬ハチ公」は、34(同9)年に建立された渋谷駅前の忠犬ハチ公の銅像と同じ姿で制作されている。亡くなった主人を毎日駅で待ち続けるハチは当時から有名で、存命中に銅像が建つほどであった。


続きはウェブ版「秋田犬新聞」で読めます!

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース