わらび座、新経営体制スタート 再建へ営利事業の新会社設立

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
1日から業務を開始した株式会社あきた芸術村の事務所
1日から業務を開始した株式会社あきた芸術村の事務所

 民事再生手続きを進めている秋田県仙北市の株式会社わらび座は1日、新設した株式会社あきた芸術村に事業と従業員を承継して業務を始め、新たな経営体制のスタートを切った。当初は一般社団法人わらび座に全ての事業を引き継ぐとしていたが、営利事業と非営利事業を明確に区別するため、新たな法人を設けた。

 あきた芸術村は営利事業としてホテル、地ビールの製造販売、森林工芸館の各事業を行う。一般社団法人わらび座は非営利事業として劇団部門を運営する。今後、一般社団法人わらび座があきた芸術村の全株式を取得し、完全子会社化する予定。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース