一部県内企業、初任給増の動き 「優秀な人材呼び込みたい」

会員向け記事
お気に入りに登録

 人手不足が深刻さを増す中、秋田県内の企業の中には初任給の引き上げに踏み切る動きも見られる。賃金水準を上げて、優秀な学生や人材の確保につなげたい考えだ。

 システム開発のADK富士システム(秋田市)は、IT人材の奪い合いが激化しているため、4月入社の大卒者の初任給を19万円から20万円に引き上げる。採用担当者は「同業他社と比べて賃金が見劣りしていた。首都圏から離れた秋田まで優秀な人材を呼び込むには賃上げは欠かせない」と話した。