県産原材料100%! 脇屋シェフ監修の「豆板醤」発売へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
県産の原材料を使用した「あきた豆板醤プレミアム」
県産の原材料を使用した「あきた豆板醤プレミアム」

 秋田県産の原材料だけで作り、国内有数の中華料理シェフが監修した調味料「あきた豆板醤(トウバンジャン)プレミアム」を、JA秋田やまもと(三種町)が4月から売り出す。町特産のソラマメを使い、辛さの中にコクや甘みが同居する味わいに仕上げた。

 JA秋田やまもとの「そら豆部会加工グループ」が生産。民放番組「料理の鉄人」への出演などで知られる東京・赤坂の中国料理店「Wakiya一笑美茶樓(いちえみちゃろう)」の脇屋友詞オーナーシェフ(63)が味の調整に協力した。

 新商品は4月から、道の駅ことおかの直売所「グリーンぴあ」と、JA版コンビニエンスストア「JAンビニANN・AN(ジャンビニアン・アン)」のほか、東京の「Wakiya一笑美茶樓」で販売する。1瓶45グラム入りで、販売予定価格は450円。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース