湯沢市、ふるさと納税返礼品に中学生考案のカレー

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今月から湯沢市のふるさと納税返礼品に加わったキーマカレーのレトルトパックを手にする髙橋さん
今月から湯沢市のふるさと納税返礼品に加わったキーマカレーのレトルトパックを手にする髙橋さん

 秋田県湯沢市の山田中学校(神林雅紀校長、69人)の生徒が開発したキーマカレーのレトルトパックが今月から、市のふるさと納税の返礼品に加わった。県の新品種米「サキホコレ」などとのセットで扱われている。市によると、地元中学生の考案した商品を扱うのは初めて。

 同校は2018年度、キャリア教育の一環として、生徒が社員となって地域活性化を図る模擬会社「YAMAChu(やまちゅう)コーポレーション」を設立。「総合的な学習」の授業で、市内事業者の協力を得ながらキーマカレーを作っている。材料に地元のエダマメやトマト、みそを使用。「何かに立ち向かう際のエネルギーにしてもらいたい」との思いを込め、「勝ち飯キーマカレー」と名付けている。

秋田の最新ニュース