復興支援に感謝 あくらなど東北のクラフトビールセット販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
復興支援への感謝を込め、東北のクラフトビールを詰め合わせたセット(あくら提供)
復興支援への感謝を込め、東北のクラフトビールを詰め合わせたセット(あくら提供)

 東北のクラフトビール醸造所でつくる東北魂ビールプロジェクトは、東日本大震災の復興支援に感謝を込めた東北のクラフトビール6本セットを販売している。プロジェクトを代表して、あくら(秋田市)が販売を担当している。

 プロジェクトは2011年に発足。世界に通用するビールを造って支援への感謝を示そうと、醸造技術の勉強会を毎年行ってきた。20年以降は新型コロナウイルス感染拡大を受けて勉強会を行わず、昨年から震災のあった3月にビール詰め合わせを販売している。

 セットは、あくらの「シングル魂ビール」や田沢湖ビール(仙北市)の「ホッピーケルシュ」など、青森を除く東北5県6社のビールを詰め合わせている。

秋田の最新ニュース