秋田の囲碁界をけん引、京野秀夫さん死去

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の囲碁界をけん引したアマ六段の京野秀夫(きょうの・ひでお)さんが13日午後0時半、腎不全のため千葉県八千代市の病院で死去した。90歳。葬儀は20日に近親者で行った。喪主は長男周平(しゅうへい)さん。

 秋田魁新報社主催の全県しろうと本因坊戦では、69~78年の10年間で9回の優勝を果たし、79年に「名誉魁星」の称号が授与された。全県選抜囲碁大会では9連覇を含む優勝13回。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース