木のおもちゃ館、来館20万人達成 由利本荘市

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
くす玉の前で笑顔を見せる相馬さん一家
くす玉の前で笑顔を見せる相馬さん一家

 秋田県由利本荘市町村(まちむら)の鳥海山木のおもちゃ美術館で23日、来館者数が累計20万人を突破し、記念のセレモニーが開かれた。

 20万人目となったのは、秋田市の会社員相馬一文さん(39)の一家5人。長女杏梨ちゃん(6)、次女萌梨ちゃん(5)らが湊貴信市長と記念のくす玉を割ったほか、市からケヤキ製の記念証や木のおもちゃが贈られた。一文さんは「娘たちは滑り台がお気に入り。今後も継続的に来たい」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース