制裁逃れ防止へ、外為法改正 岸田首相「実効性さらに強化」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参院決算委で答弁する岸田首相=28日午前
参院決算委で答弁する岸田首相=28日午前

 岸田文雄首相は28日の参院決算委員会で、ウクライナに侵攻したロシアへの経済制裁を巡り、暗号資産(仮想通貨)の取引を通じた制裁逃れを防ぐため、今国会で外為法を改正する準備を進めると表明した。「暗号資産が抜け道になる。制裁の実効性をさらに強化する」と強調した。20カ国・地域(G20)からのロシア排除論に関し、議論が必要との認識を示した。

 首相は、ロシアがプーチン大統領の出席意向を明らかにした11月のG20首脳会議について「G20メンバーとの議論を通じ、今後の情勢をよく踏まえた上で日本としても適切に対応する」と述べた。