ストップ自殺・活動の現在地(上)民間の相談窓口 スキル向上へ研修強化

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 県警のまとめによる2021年の県内自殺者は186人で、統計が残る1979年以降で最少となった。県内では約20年にわたって民学官による自殺予防活動が展開され、自殺者数は着実に減ってきた。新型コロナウイルスの影響が長引く中で活動に励む民間団体と大学、行政の姿を伝える。3回続き。

 ◇  ◇

 秋田市にあるNPO法人あきた自殺対策センター蜘蛛(くも)の糸事務所では、相談員が無料通信アプリ「LINE(ライン)」で寄せられる悩みに対応している。

 相談用のアカウントでメッセージを交換する。やりとりが長く続くこともあれば、すぐ途切れてしまうこともある。相談員は相手のペースに合わせ、丁寧に言葉を返していく。