青ガエル「冬眠」終える 大館駅前、車内休憩所は来月8日から

お気に入りに登録

「青ガエル冬眠中」と書かれたカバーが外された

 秋田県大館市のJR大館駅前の鉄道車両「青ガエル」の冬囲いが29日終わり、緑色の車体が現れた。休憩所となっている車内は4月8日から一般の利用を始める。

 午前9時すぎ、「青ガエル冬眠中」と書かれた冬囲いのカバーが取り外された。さらに養生シートがはがされると、濃い緑色の車体が登場。クレーンでパンタグラフが取り付けられた。

 青ガエルは青空の下、太陽に照らされてぴかぴかと輝き、早速ファンにカメラを向けられていた。同市中神明町の浅井庸丞さん(85)は「初めて実物を見た。緑色、小柄で、アオガエルをイメージできる」とほほ笑んだ。

 観光施設・秋田犬の里の佐藤和浩館長は「この冬は雪が多く車体の半分くらいが埋もれていた時期もあった。お待たせしました」と話した。

クレーンでパンタグラフが取り付けられる青ガエル