救援・小木田、踏ん張れず 中嶋監督「なぜこうなったかを考えて」

会員向け記事

 オリックスは救援陣が踏ん張れず、勝率5割の機会を逃した。2―1と一時逆転した直後の六回、先発の山崎福がピンチを招いて降板。2番手の小木田は制球が定まらず、2者連続四球を与えて追い付かれ、なおも1死満塁で松田に走者一掃の三塁打を浴びた。中嶋監督は「信用して出した。なぜこうなったかを考えて」とルーキーを責めなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース