少子化を乗り越えて:県中体連の研究(上)運動部の課題に対応

有料会員向け記事

秋田県中体連の研究委員会が、少子化における部活動の課題の対応策やアイデアをまとめた表

 県中学校体育連盟(県中体連)では2015、16年度に「少子化における運動部活動に関する諸課題への対応」をまとめた。県中体連の70周年記念誌(20年2月発行)に収録されており、県・秋田市中体連のホームページで資料の一部を閲覧することができる。

 研究委員会のメンバーが考え、少子化への対応をまとめた1枚の表がある。(1)少人数の部活動の運営(2)複数校合同チーム(3)部活動の統廃合(4)中体連組織としての対応―の四つの視点に分けてアイデアをまとめている。少人数の部活動の活性化策として、競技の異なる部活動同士の合同トレーニングなどが挙げられている。一部の小規模校では既に取り入れられている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

連載企画:スポーツ秋田 少子化を乗り越えて

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース