【首都圏発】管理栄養士の視点で秋田の食材発信

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
料理教室で調理方法を説明する斉藤さん
料理教室で調理方法を説明する斉藤さん

 都内で料理教室を開いている管理栄養士の斉藤成海さん(27)は大館市出身。料理の魅力を伝えつつ、料理研究家として飲食店のメニュー開発にも取り組んでいる。今後は秋田の食材を使った料理を発信し、地元の活性化にもつなげたい考えだ。

 料理教室は2カ月に1回程度開催。新型コロナウイルスの影響で一時中断していたが、昨年10月に再開した。現在は20、30代の“料理初心者”を対象に、食材の切り方から火の通し方、盛り付けなどを丁寧に手ほどきしている。