卓球選考会、吉村と平野が優勝 杭州アジア大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子決勝で戸上隼輔に4―3で競り勝った吉村真晴。杭州アジア大会のシングルス代表に決まった=東京都北区の赤羽体育館
男子決勝で戸上隼輔に4―3で競り勝った吉村真晴。杭州アジア大会のシングルス代表に決まった=東京都北区の赤羽体育館

 卓球の杭州アジア大会代表選考会最終日は10日、東京都北区の赤羽体育館で行われ、男子はリオデジャネイロ五輪代表の吉村真晴(愛知ダイハツ)、女子は東京五輪代表の平野美宇(木下グループ)が優勝し、アジア大会のシングルス代表に決まった。

 決勝で吉村は戸上隼輔(明大)に4―3で競り勝ち、平野は17歳の木原美悠(エリートアカデミー)にストレート勝ちした。