同性カップルの挙式にどう対応 イヤタカ社員がミーティング

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
LGBTなど性的少数者への対応について意見交換したイヤタカの社員ミーティング
LGBTなど性的少数者への対応について意見交換したイヤタカの社員ミーティング

 秋田県が1日からLGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「あきたパートナーシップ宣誓証明制度」を導入したことを受け、ブライダル事業などを手掛けるイヤタカ(秋田市)は11日、挙式を希望する同性カップルへの対応について話し合う社員ミーティングを開いた。同性カップルの呼称や、新たなウエディングプランを巡り意見を交わした。

 証明制度は、性的少数者のカップルが互いにパートナーとして協力することを宣誓した場合、県が2人の関係を公的に認める制度。法的な効力はないが、県内の公営病院での面会時や公営住宅の入居手続き時に証明書を提示すると、パートナーとしての関係性を証明できる。

 ミーティングには社員12人が参加し、2班に分かれて意見交換した。

秋田の最新ニュース