角館26・6度、横手26・2度 県内全地点で今季最高気温

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本荘公園で水遊びを楽しむ子どもたち
本荘公園で水遊びを楽しむ子どもたち

 秋田県内は11日、南から流れ込んだ暖かい空気と高気圧の影響で各地で晴れ間が広がり、前日に続いて気温が上がった。秋田地方気象台によると、全26観測地点の最高気温が2日連続で今年最高を記録。仙北市角館や由利本荘市など9地点で25度以上の夏日となった。

 各地の最高気温は、仙北市角館26・6度、横手市26・2度、大館市25・9度など。5月下旬から7月上旬並みの暖かさとなり、鹿角市八幡平を除く25地点で20度を超えた。

 25・1度を記録し、今年初めての夏日となった由利本荘市の本荘公園では、子どもたちが涼を求めて水遊びに夢中になっていた。祖母と訪れた髙橋逢夢(あむ)さん(鶴舞小1年)は「冷たくて気持ちいい」と笑顔だった。

 12日の県内は日中は晴れの予想だが、寒冷前線が近づくため夕方から曇りや雨になる場所がある見込み。

秋田の最新ニュース