【さきとく】県民会館や旧裁判所、大量のがれきはどこへ?

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
旧県民会館の解体現場=2018年9月21日
旧県民会館の解体現場=2018年9月21日

 秋田市の旧県民会館や秋田地裁などが入っていた旧裁判所庁舎といった建物を解体する際、膨大な量のがれきは、どのように処分されるのだろうか―。こんな疑問が「こちらさきがけ特報班」に寄せられた。

 建設工事で生じる廃棄物の再資源化を定める「建設リサイクル法」(2002年施行)は、一定規模以上の工事で、建物を解体する業者に、コンクリートと鉄筋コンクリート、木材などを分別し再資源化するよう義務付けている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース