【秋田犬新聞】ジィジィ、2匹は任せて 大館市の大香と令香【動画】

お気に入りに登録

 4月上旬、秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」で取材のために待ち合わせをしていた記者の前に、二つの犬小屋を荷台に積んだ軽トラックが姿を現した。小屋の中にいたのは、大香(たいが、雄、8歳)と令香(れいか、雌、2歳)の2匹の赤毛の秋田犬。市内に住む中学2年生の若松志磨(しょうま)さん(13)が、祖父の若松正雄さん(享年73)から引き継ぎ、家族と一緒に世話をしている。


 小屋は正雄さんが生前に作ったもの。犬たちの表札付きで、顔をひょっこり出せる小窓もある。2匹は秋田犬の里の展示室に時々登場する。移動に使うのは、もっぱらこの軽トラック。犬小屋ごと動き回るインパクトのある光景は市内ではおなじみで、テレビ番組で取り上げられたこともあるという。

 志磨さんが小屋の柵を開くと、おてんばな令香は勢いよく地面にジャンプ。一方、温厚な大香はゆったりと降り立った。2匹のりりしい立ち姿は澄んだ青空によく映える。


記事全文はウェブ版「秋田犬新聞」で読めます!

秋田の最新ニュース